Menu

自由出勤は現状の風俗事情によって不利になることも

0 Comments

自分の好きなようにシフト調整をすることができるのが自由出勤になります。忙しい女の子にこそ、理想的な風俗での働き方になりますが、業界について知らないことによって、働く側にデメリットになることもあります。働く前に知っておくべきことです。

誰もが稼げるわけではない

お金に困っていれば、風俗で働けば良い時代が確かにありました。しかしいまはそうではありません。お金目当てで風俗嬢として働いてみたけれど、なかなかお客さんに巡り合うことができないこともあり、コンビニなどでコツコツと働いた方が良い女の子もいます。この事実について、よくよく理解しておくべきです。

好きなように出勤を決めてもお客さんがいないことも

このような現状があることから、好きなように出勤しても必ずしもお客さんが付くとは限りません。人気の嬢になり、出勤日には予約でいっぱいになるのであれば別ですが、そうではない場合は稼ぐことができない風俗嬢になってしまうことも。リピーターが増えるまでは、自由出勤であってもシフトの日数を増やすなどの努力が求められます。

入店するお店の景気やシステムにも関心を持つべき

お店自体に活気があれば、それだけお客さんの入りもよく、盛況が良いことから稼ぐことができ、リピーターも増えることに繋がるでしょう。またお客さんがいなくても補償するシステムがお店にあれば、多くの日数に出勤することを嫌うお店もあります。その分経費が増えることになることを忘れてはいけません。

一方的に不利益が生じるシステムでもある

理想を追い求めて確かな戦略があれば稼ぐことができ、なおかつ自由にシフトを組める働き方になりますが、一方的に不利益を被ることもあります。神戸のお店は比較的自由出勤を認める求人を出していることから、このような事情についてはよく理解しておくべきでしょう。

関連する記事